スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

院長重山洋一郎の略歴

院長重山洋一郎の略歴
(以下はブログのFacebookに載せた院長重山洋一郎のプロフィールを一部改変したものです)
鹿児島県垂水市で歯科医院を開業しています。
祖父の飯牟礼(いいむれ)昌志が、大阪歯科医学専門学校(現大阪歯科大学)を経て歯科医師となり、大正14年に「飯牟礼歯科医院」を現在地に開業しました。その後養子縁組により重山に名字が変わり、現在の「重山歯科医院」となりました。
二代目院長は私の父重山俊一郎で、三代目の私が歯科医院を継承したのは平成14年3月1日です。父も私も大阪歯科大学の出身です。
私は大阪歯科大学卒業後、同大学の大学院に進学し歯周病学を学び、
「歯肉剥離掻爬手術後の新付着に関する研究ー培養歯周組織における細胞の初期動態についてー」という論文で歯学博士の博士号を取得しました。
平成5年5月から平成7年5月までミシガン大学歯学部のDr.Somermanの研究室(ミシガン大学歯学部歯周治療学/老人歯科学/予防歯科学講座・分子レベルにおける組織の発達・維持・再生研究室という長い名前でした)で歯周病に関する分子生物学的な研究に従事しました。留学中に作成した論文数は5つです。

留学当時、皇太子の御成婚の話題がアメリカでも出ているようでしたが、残念ながらまだテレビを買っていなかったので、話題に取り残されてしまったことを覚えています。米国留学中に日本では、コメ不足、8.6.水害、自民党から新進党への政権交代、阪神淡路大震災、オウム地下鉄サリン事件などいろいろありました。

平成7年5月に帰国した後は、体調を崩していた父を助ける形で重山歯科医院での歯科医師生活に入りました。平成14年に父が癌で亡くなりましたが、癌で苦しむ父のために何ひとつ医療人らしいことをすることもできず、ただただ指をくわえて、抗がん剤の服用でのたうちまわる父を眺めていた自分が嫌になり、父への追悼の意味も込めて、医科と歯科を統合し、トータルに人を癒していく、統合医療の道に入り込むこととなり、現在も勉強の日々を送っております。
スポンサーサイト

手軽にパワースポット!!すこやかポット~

「重山歯科医院は癒しの空間を目指して炭を埋めました!」

今パワースポットがブームだと言われています。

パワースポットとはエネルギースポットとも言われ、
そこにいるだけで元気になったり、
癒されたりする場所と言えます。

パワースポットは「イヤシロチ」ともいいます。

「イヤシロチ=癒される土地」ということです。

実はこの「イヤシロチ」は人工的に作れるのです。


ミキたんまい工房
という会社に頼むと、
地面に炭を埋めたり、部屋に炭を置いたりして、
土地や建物を、「イヤシロチ」に変えてくれます。

重山歯科医院は2008年に全面的な建て替えを行いました。


轤ュ・狙convert_20110802214753


この時に「ミキたんまい工房」の社長の高野さんにお願いして、
県外からはるばるここ垂水まで出向いていただいて、
地下に炭を埋設し、
重山歯科医院を「イヤシロチ」にしていただきました。

ですから当院に来院していただくだけでも元気になる方がいるのです。

轤ュ・胆convert_20110802215135
上の写真は当院事務長の髙橋(院長の妹)が炭の埋設を手伝うところです。


轤ュ・点convert_20110802215225
炭の上には純金箔を敷きます。

炭の埋設工事は4回で終わりましたが、それ以来、この社長さん、
当院をすごく気に入っていただいて、

飛行機ではるばる歯の治療に通院され、ブログに書いて下さいました。

ただ社長さんには当院の名前は伏せておいてほしいとお願いしてありました。
県外からの患者さんが増えたら地元の患者さんの予約ができなくなりますからね(笑)。

でもブログに出してしまったので
もう隠す必要もなくなりました。

以下は社長さんのブログ(2010年1月21日)からの抜粋です。
全文を読みたい方は↓↓↓
ミキたんまい工房へアクセスしてくださいね。

(前略)先日、弊社主催の上級講座を受講されたAさんと一緒に、鹿児島の歯医者さんに治療に行ってきました。
 ここの歯医者さんは、単に虫歯を治すということではなく、噛み合わせを最適にして体のバランスを取るという究極の医術をなさっています。私の認識では、歯とは食べ物を噛んだりつぶしたりと咀嚼(そしゃく)するための道具でしかないと思ってきました。しかし、食事やおやつの時間に歯を使っている時間といえば、一日でほんの30〜60分程度にすぎません。あとの23時間というものは、ただそこにくっ付いているだけなのですが、何かもっと大切な働きがあっても不自然ではありません。

 「歯は臓器だ」という話を耳にしたことはありましたが、その内容の奥深さを知ることができたのと、身をもって実感することができました。かの有名な「イチロー選手」は、一週間に一回噛み合わせを調整しているといいます。慢性の病気治療や自己の潜在能力の覚醒、スキルアップには欠かせないことのように感じます。

 もちろん、歯医者さん自体の立地は「イヤシロチ」であるべきだという院長さんのお考えのもと、2008年夏、お建て替えを機に炭素埋設等のイヤシロチ化を行っていただきました。そんなご縁で歯の治療ということになったのですが、知識のない私にとっては驚くことばかりです。いずれ、院長さんの取材許可をいただけたら、ご紹介したいと思います。

 鹿児島といえば、「桜島」があまりにも有名です。その桜島は昨年から一日に何十回も小さな噴火を続けていて、冬場は風向きが東方向なので大隅半島方向に灰が降っています。伺った日には、土砂降りのように灰と固形物が降ってきたりしました。翌朝起きると、まるで雪が積もったかのように景色は薄グレー一面になっていました。大歓迎されているなどといわれました。

(中略)Aさんと私は、隣り合わせたブースで治療を受けました。途中からAさんは、咳き込み始め中々納まりません。

(中略)一般的には、虫歯を削ってできた穴ぼこには、パラジウム合金という保険がきく銀歯で塞ぎます。歯と経絡の関係上、毒性があると懸念される金属が埋まっていれば、気の滞りが発生し、全身の関連する部位が弱ってくるどころか、「マイナスの気」を定着させ封印するということもあり得ます。

 Aさんは、そんな状態がしばらく続いて、ようやく咳き込むのが納まりました。Aさんと鹿児島の歯医者さん、桜島の噴火、そして私・・・、いろんな条件が揃ったので、Aさんのマイナスが一皮むけてスッキリされたようです。「ご縁があった」ということなのでしょう、自力では中々達成できない気のレベルアップも、こんな状況でいとも簡単に実現してしまいました。(後略)
☆☆☆☆☆

工事なしで自宅を簡単にイヤシロチ(パワースポット)にするならすこやかポットが手軽でおススメできます。↓↓




歯科医院のイメージ~患者様の声その1

歯科医院のイメージ・・・それは・・・
いわゆる3Kじゃないでしょうか?

患者さんにとっては こわい くらい くすりくさい
世界で一番行きたくないのが歯医者だ・・・

働く歯科衛生士さんにとっては歯科医院の仕事は
 きけん きつい きたない・・・

だいたいこんな感じなのでは?

重山歯科医院の患者さんの半数はどこも痛くないにもかかわらず、定期的なクリーニングを受けるために来院されます。
たまにクリーニングが終わってから抜き打ちで、患者さんにお願いして「患者さんの声」を書いていただきます。

以下一切手をくわえずに「患者さんの声」そのまま掲載します。










(以下院長による翻訳です:ここに来て歯のクリーニングをしてもらうのをいつも楽しみにしています。私はここの雰囲気、庭園、待合室、そして皆さんのことを気に入っています。手際は素晴らしく、ここを出るときには素敵な気分になっています。友達みんなにここに来るように言っています。鹿児島を引き払ったらこんな歯医者を見つけられないと思うので、どうしたらいいか悩んでいます。ありがとうございます。)

いかがですか?

重山歯科医院では予防のために
歯のクリーニングとお口のマッサージを行います。
これに加え、かみ合わせの調整を予防に組み込みました。

削らない歯科医院を目指しています。
だからかみ合わせの調整一つにしても歯を削りません。

全身の病気のサインはまずお口の中に現れます。
一方、お口の中の異常は全身に広がります。
全身とお口はお互い行ったり来たり、つながっています。
お口から全身をみて、全身からお口をみる。
重山歯科医院はそういう考えで日々患者さんに接する歯科医院です。
歯科衛生士はお口の健康はもちろん全身の健康にも貢献できるのです。

どんな歯科医院かご自分の目で実際に確かめてみませんか?

歯科医院のイメージ~患者様の声その2
















歯科医院のイメージ~患者様の声その3


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。